ジャパン未来スカラーシップ・プログラム

ジャパン未来スカラーシップ・プログラムでは高等学校を卒業し、新たに大学・短大・各種専修学校に進学する学生たちに返済不要の奨学金の支給を行っています。全ての資金を民間からの寄付で調達し、全額返済不要の給付型奨学金を設立した背景には、困難な体験を乗り越え、社会に役立つ人間になるべく学びの場を希求する学生たちの存在は社会の財産であり、社会がその学びに投資すべきという理念があります。

親との死別・離別を経験している、児童養護施設・里親家庭・生活保護受給世帯に暮らしている、などの困難を経験しながらも、高校卒業後に進学し、社会の力となるべく研鑽を積むことを志す若者たちを応援しています。選考は、学力や進学先に寄らない、人物重視の選考が行われ、困難を糧に、将来、他者の心の痛みに想いを馳せ、行動できるポテンシャルを持つ奨学生が、選考委員会によって選抜されています。

対象者

大学・短大・専門学校に進学する学生(親との死別・離別を経験している、児童養護施設・里親家庭・生活保護受給世帯に暮らしている)

プログラム内容

奨学金

進学に際する奨学金(給付型・返済不要)を支給。

人材育成プログラム

年間を通じて開催される国内外での人材育成プログラムへの参加の機会を提供。

≫2019年度参加者一覧
≫2018年度参加者一覧
≫2017年度参加者一覧

募集内容

≫2020年度募集内容(ジャパン未来スカラーシップ・プログラム) (応募終了) 

エンデバー

エンデバーエンデバーは児童養護施設に暮らす高校生のための奨学金プログラムです。
虐待やネグレクトなどの事情で保護され、児童養護施設に入所した若者たちの高卒後の進学率は低く、大学進学率は1割強にとどまります。大変な経験をしながらも、その経験を糧に、弱い立場にある人のために働く志を持つ高校生たちが、将来、社会のために活躍する人材になるために進学を目指す過程を応援すべく、進学準備に際して必要となる受験準備費用を支給すると共に、年間を通じたプログラム開催を通して、広い視野から自分に何ができるかを考え、主体的に高校卒業後の進路を選択する過程を応援します。奨学金の資金は、全て、民間からのご寄附により調達しています。

対象者

大学・短大・専門学校への進学を希望する児童養護施設に暮らす高校生。

プログラム内容

奨学金支給

進学のための受験に際し、センター試験検定料および、大学・短大・専修学校の入学検定料・受験料を支給。

人材育成プログラム

年間を通じたプログラム開催を通して、広い視野から自分に何ができるかを考え、主体的に高校卒業後の進路を選択する過程を応援。

進学サポート

進学に際するガイダンス、必要書類の準備などのサポートを提供。

≫2019年度参加者一覧
≫2018年度参加者一覧
≫2017年度参加者一覧

募集内容

≫2019年度募集内容(エンデバー)  (応募終了)

≫2018年度募集内容(エンデバー)  (応募終了)