ビヨンドトゥモロー 米国スプリングプログラム報告

東日本大震災により被災し、大切な家族を亡くすなど辛く大変な経験しながらも前を向き、世界へ発信する意欲を持つ3名の高校生が参加しました。
ロングウッド・シンフォニー・オーケストラのコンサートでのスピーチ、ハーバード大学、ブラウン大学、マサチューセッツ工科大学への訪問などを通して、自らの経験を発信し、また様々な方との出逢いや対話を通してグローバルな視野を持ち、学び、自らが果たすべき社会的な役割について考える機会となりました。

プログラムの目的

  1. 東日本大震災での経験をアメリカの人々と共有する事により、東北の高校生たちが東北のアンバサダーとして活動する。
  2. 東日本大震災のコンテクストにおいて、日米交流を促進する。
  3. ビヨンドトゥモローのグローバルリーダーシップ教育の一環として、東北の高校生たちにアメリカの文化に触れる機会を提供する。

時間・場所

2012年3月15日(木)~21日(水)
マサチューセッツ州ボストン、および、ロードアイランド州プロビデンス

参加者

 千葉真英(ちば・まさひで)
大船渡にて被災。津波によって母親と祖母を亡くし、家も流された。現在は父親と二人の弟と一緒に大船渡の賃貸住宅で生活している。多くの命が犠牲になった中で自分は助かったという経験から、将来は地元の復興と、自然災害に備えた街づくりに貢献することが生き残った者の使命であると考えている。三陸沿岸地域の災害に強い街づくりに参加し、復興に関する事業を行う会社を立ち上げたいと考えている。


 小川彩加(おがわ・あやか)
津波によって両親、祖父母、姉を亡くし、現在、親戚と仮設住宅に暮らす。家族を失いながらも自分だけが助かったからには、悔いのない人生を送りたいと、かねてから関心のあった海外留学を決意。震災後の夏休みにはオーストラリアで短期ホームステイを体験した。震災後、自らに与えられた多くの機会への感謝から、将来は、自らも人に希望を与えられる人になりたいと考えている。


 菅原彩加(すがわら・さやか)
石巻市にて被災。津波によって母、祖母、曾祖母を失う。現在は石巻市の仮設住宅で祖父と生活している。震災から6ヶ月後、中国にて開催された夏季ダボス会議に参加し、世界のリーダーに向けて自身の経験を伝えた。将来は、自分が体験したような辛い思いをしている子供のために働きたい。また、震災後に日本に支援をしてくれた国々への恩返しとして、国際ボランティアにも取り組みたい。今春より、スイスにあるインターナショナル・ボーディング・スクールで新たな生活を始める。

プログラム日程

オリエンテーション
1日目(東京)

スピーチ練習
ビヨンドトゥモロー発起人との夕食

オリエンテーション
2日目(東京)

アメリカの文化および歴史
英会話練習
スピーチ練習
ロバート・フェルドマン氏との対話セッション
国際協力機構理事長 緒方貞子氏による講演参加

1日目

米国到着
ホストファミリーとの夕食

2日目

マサチューセッツ工科大学(メディアラボ、都市計画研究学部)訪問
ニューバリーストリート、ボストン公共図書館
ボストン東日本大震災復興基金のメンバーとの歓迎夕食会

3日目

ボストン美術館、中華街
スピーチリハーサル
ロングウッド・シンフォニー・オーケストラのコンサート”HOPE for Tohoku”にてスピーチ

4日目

クインシー・マーケット、ビーコンヒルでのブランチ
ボストン・ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブとの文化交流プログラム

5日目

ハーバード大学訪問
エマーソン・カレッジ訪問
ホストファミリーとの送別夕食会

6日目

プロビデンス、ブラウン大学に向け電車移動
ブラウン大学スター・フェローズと昼食
キャンパスツアー、学部生授業(政治科学、物理学)体験
ブラウン・デイリー・ヘラルド紙による取材
ビヨンドトゥモロー特別セッション “Orphaned by the Wave”
ブラウン大学学生による歓迎会・夕食会

7日目

出国・日本に帰国

ブラウン・デイリー・ヘラルド紙

ブラウン大学の新聞にてビヨンドトゥモローを紹介いただきました。

 ブラウン・デイリー・ヘラルド紙

スピーチ原稿

千葉真英

岩手県大船渡から来ました千葉真英です。このように自分の考えを発信する機会を与えてくれたアメリカの人々にとても感謝しています。これから私が震災で体験したこと、考えたことを話します。
震災の前日のことを思えば、おかしな日でした。校庭の上空はまだ午後4時だというのに深い赤に染まり、そこには夥しい数の鳥が群がっていたのです。何かがおかしいことに気付いていれば。今でもそう思います。
2011 年3月11日14時46分18秒。地震が発生した時、部活動中でした。未だ体験したことのない揺れに、多くの生徒たちが興奮している様子でした。表情には笑いすら浮かんでいました。これからどれだけの悲しみを味わうことになるかも知らず、心のどこかで期待していた非日常の訪れを私たちは密かに面白がってすらいたのです。


小川彩加

小川彩加です。岩手県釜石市から来ました。
震災で、私は家族全員を失いました。両親、姉、祖父母の全員がいなくなり、17年間暮らした家も失いました。これ以上失うものはないというくらい私は全てを失い、一人ぼっちになりました。
3月11日、地震の直後、私は母と祖母と3人で高台に避難しました。しかし、黒い壁のような波は、私たちのすぐ背後に迫っていました。その時、母が言った「津波だ」という言葉が、私が最後にきいた母の言葉となりました。
走って坂を登り、山を登り、私は助かりました。でも、どこを探しても母と祖母の姿はありませんでした。翌日の朝、がれきの上を、母と祖母の名前を呼びながら探しました。悲惨な光景で、倒れた木に刺さったおばあさんを見た時は、震えが止まりませんでした。


菅原彩加

菅原彩加です。石巻市から来ました。
3月11日は、中学校の卒業式でした。10年間共に過ごした仲間とのすばらしい旅立ちの日、一生の思い出に残る良い日になるとばかり思っていました。
家に帰るとすぐに地震が起きました。今までに感じたことのないほど大きな揺れでした。地震が発生して、停電になってしまったため、テレビから情報を得ることが出来ず、携帯で津波がくるという情報を得て、逃げようとした時にはすでに遅く、地鳴りのような音と共に一瞬にして津波は家と私の家族を飲みこみました。 がれきと黒い水に流され、「もう死ぬんだ」「高校の制服を着たかったな」と、たくさんのことが頭の中を駆け巡りました。